社員紹介

社員紹介
佐藤 崇央(駿河台大学卒)

開発営業部 開発営業1課

2002年入社

佐藤 崇央(駿河台大学卒)

「地図に残る仕事」を一緒にしよう。

続きを読む

〇採用担当者の「地図に残る仕事」というフレーズに魅力を感じた
私が弊社に入社を決めたきっかけは、当時の採用担当者からの「地図に残る仕事を一緒にしていきましょう」の一言でした。自分のした仕事が目に見えてわかる、という単純ではありますがわかりやすい部分に当時魅力を感じて入社を決意致しました。
初めての仕事を成し遂げた後、改訂版の地図を見て自分の担当した建物が載っているのを確認し、改めて感動したことを今でも覚えています。

〇完成した店舗がお客様で溢れている光景を見ることの喜び
1つの仕事を成し遂げるまでに、短いものでも5~6カ月、長いものだと複数年かかるものもあります。それだけに、店舗開店当日、オープンを今か今かと待つお客様の行列を見た時の喜びは大きいものがあります。また、東日本ダイワさんがこの店舗をこのエリアに誘致してくれて良かったと、地域の方々から毎回感謝していただけることにも喜びを感じています。
自分が手掛けている仕事が、地域社会から感謝され喜ばれることは、社会人として誇れることであり、自分自身の大きなモチベーションになっています。
現在営業のスタッフも順調に成長しています。私の役割として、営業の若いスタッフとともにステップアップし、上司との橋渡し役を担いながら、常に新しいことにチャレンジしていきたいと思います。

続きを読む

半谷 祐太(東北学院大学卒)

開発営業部 開発営業2課

2017年入社

半谷 祐太(東北学院大学卒)

あなたが担当で良かったと言われる営業マンになりたい。

続きを読む

〇1年目の私の仕事
私は現在、開発営業部開発営業2課に所属しています。仕事内容は、飛び込みやご紹介を受けたお客様のもとへ直接行き、土地活用や不動産に関する悩みや不安を伺い、それらを解決するための企画をご提案するという営業活動を行っています。
建築・不動産について専門的な知識がない1年目の私には分からないことばかりで、その都度、先輩や上司の方に相談・質問し理解を深めていくという毎日を送っています。当社は営業主体ですが、熟練の建築・設計士の先輩方も在籍しているため、建物に関することも仕事を通して学ぶことができます。
ある日、なかなか思い通りの成果が挙げられなく悩んでいたとき、営業部の先輩から「うちの仕事は難しいかもしれない。だからこそ俺たちにしか出来ないんだ。」と教えられました。そのとき先輩の仕事に対する熱意と情熱を感じ、私も早く先輩に追いつき、東日本ダイワの営業マンとして活躍したいと強く思いました。

〇今後の目標
当社は、お客様の大切な土地という資産を扱うため、受注へ繋げるのは簡単ではありません。受注活動の中で特に重要なことはお客様との信頼関係だと思います。そのためには、まだまだ自分に不足している知識の習得とかスキルアップなど課題はいっぱいあります。私の営業活動が一日でも早く会社の業績に結び付くことを目標に頑張ります。そして、「半谷」が担当で良かったと言われるようになれれば最高です。

続きを読む

安部 佑梨(東京福祉大学卒)

総務部 総務経理課

2016年入社

安部 佑梨(東京福祉大学卒)

明るく、前向きな気持ちを忘れずに。

続きを読む

〇現在の仕事内容
現在私は総務に所属し、データ整理や資料作成、電話・来客応対などを担当しています。データ整理や資料作成業務は、作業のボリュームが意外と大きいため、これらを効率的にこなせるようになるまで苦労しました。お客様とは主に電話やメールなど顔が見えない中でのやりとりが多くあります。電話の受け方ひとつで会社の印象が左右されるため、第一声は明るく丁寧な対応を常に心がけています。
また、私は建築業では異色の福祉学科卒業で、在学中の実習で老人ホームを訪れてお年寄りと触れ合う機会が沢山ありました。この経験を生かし、お客様の気持ちに寄り添い、私のモットーである常に笑顔での挨拶を続けていきたいと思います。

〇現在の心境・なりたい自分へ近づくためには
社会人になってからは、学生時代とは比べものにならないくらい難題に直面することが数多くあります。そんなときでも悲観せず楽しんで臨めば良い方向に繋がっていく、自分の成長に繋がっていると信じて前向きな気持ちを忘れないよう心がけています。東日本ダイワ株式会社は尊敬できる諸先輩が多く、とても働きやすい環境です。また、皆のサポートがあり日々の業務を円滑に進めることが出来ています。いずれは周囲の人も明るくできるような人間力を身に付けたいと思っています。そのためにもこれまでの出会った全ての方々の為に自分に今できる事を自分なりに恩返しをしていきたいと思っています。

続きを読む